手羽元と焼き野菜のインド風カレー

手羽元を煮込んだ出汁をつかった本格的なインド風のカレーをご紹介します。市販のカレールーや小麦粉を使わないのでサラサラしたタイプのカレーになります。

スープカレーのように具材となる野菜は煮込まず炒めて最後に加えるので、野菜のもつ触感を味わうことができます。ぜひ、お好みの野菜を使ってアレンジしてみてください。オススメはレンジで下処理したにんじんの焼き野菜です。

材料(4~6皿分)

  • 鶏手羽元:12本
  • 玉ねぎ:2個(小~中) ※大なら1個でもOK
  • にんにく:2片 みじん切り
  • しょうが:1片 みじん切り
  • バター:大さじ1
  • サラダ油:大さじ1
  • カレー粉:大さじ2
  • クミンシード:大さじ1/2
  • プレーンヨーグルト:200g
  • トマト水煮缶:1個(400ml)
  • 水:3カップ
  • 塩:小さじ2
  • 砂糖:大さじ1/2
  • 焼き野菜(お好みでOKですが、にんじんがオススメ!)
    • サラダ油:適量
    • 塩、こしょう:適量
    • にんじん:1/2本 ※1.5~2cm幅の輪切りにし、小さじ1の水とともにレンジ(500W)で3分加熱する
    • ししとう:12本  ※ヘタを落とし、破裂しないよう包丁の先で穴をあけておく
    • しめじ: 1/2パック ※石づきを取り除いて小分けにしておく

作り方

  1. 下準備
    1. 玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切にする。
    2. お好みで用意した焼き野菜の具材を切っておく
      ※にんじんは1.5cmの輪切りにしてレンジで3分チンしておく
  2. ベースのスープ作り
    1. 鍋を熱して、サラダ油とバターをひき、にんにく、しょうが、クミンシードを加えて弱火でいい香りがするまで炒める
    2. 玉ねぎを加えて中火で炒める。玉ねぎが透明になってきたら、カレー粉を加えて粉っぽさがなくなる程度まで炒め合わせる。
    3. 手羽元をならべて、トマト缶と水3カップを加える。沸騰後、弱火にしてアクを取りながら15分茹でる。
  3. カレーの仕上げ
    1. ヨーグルトを加えてよく混ぜる。塩と砂糖を入れて味を調える。
    2. アクを取りながら弱火で5分煮る
  4. 焼き野菜
    1. フライパンを熱してサラダ油をひき、強火で下準備した野菜を(火の通りにくいものから順に)加えて炒める
    2. 野菜に焼き目が付いたら塩・こしょうを振って味をととのえる
  5. 皿にライスを盛り付け、焼き野菜を並べ、カレーをかけて完成!

料理のポイント1:スパイスで本格インド風に!

市販のルーを使ったカレーではなく、いつもとちょっと違うカレーを作りたいときは、カレー粉とこだわりのスパイスをミックスして使うと本格的なカレーに仕上がります。

今回はカレー粉に加えて「クミンシード」を使用しています。クミンはインドやヨーロッパなどでエスニックな料理によく使われる香辛料のひとつで、特有の香りとわずかな辛みがあります。

クミンには粉末上にしたもの(クミンパウダー)と種子の状態のもの(クミンシード)があります。クミンシードは油で炒めて使うと、香りが立ち料理を引き立てることができます。カレー以外でも炒め物や肉料理などにも幅広く使えるので、常備しておいて損はないです。

by カエレバ

料理のポイント2:ヨーグルトでコクをだす!

北インド料理では、ヨーグルトがよく使われます。ヨーグルトが辛いスパイスとのバランスを調和して味をマイルドにし、コクをアップしてくれます。

by カエレバ

料理のポイント3:野菜は煮込まず焼く!

カレーの具材となる野菜は、鍋に入れて煮込まず、仕上げ5分前くらいにフライパンで炒めます。そうすることで野菜のもつ食感や味を感じることができます。

オススメはレンジで下処理したにんじんの焼き野菜です。にんじんの甘味がでて、カレーの辛さを引き立ててくれます。その他、ピーマンやししとう、キノコ類(しいたけ、しめじ等)も焼いて入れると美味しいです。

料理のポイント4:骨付き肉をホーロー鍋で煮込む

骨付きの鶏手羽元を「鋳物(いもの)ホーロー鍋」でじっくり煮込むことで、鶏のだしがしっかりスープにでてカレーが美味しくなります。だしをしっかりだすため、骨付きの鶏肉を使用してください。しっかり煮込むことで、お肉も柔らかくなります。

ホーロー鍋ですが、私は「ル・クルーゼ ココットロンド(22cm)」を使っています。ル・クルーゼはフランスの老舗メーカーで、代表作の「ココットロンド」はシンプルで飽きのこないデザインが気に入っています。

by カエレバ

インド風カレーに合うお酒

カレーは香辛料が強く効いているので、ワインのような香りを楽しむお酒には合わないと言われています。私はさっぱりしたの白ワインか、炭酸の効いたジントニックあたりは、カレーの辛みを中和してくれて結構合うと思います。

    • 白ワイン:辛口のものをよく冷やして
by カエレバ

    • ジントニック:氷入りのグラスにライム(なければレモン)を絞り、ドライジンとトニックウォーターを1:3の割合でを注ぐ
by カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする